文化・芸術

文化・芸術

映画評 「アバター」

今日はオフの日ということもあり、ビデオでも見ようかとTSUTAYAに行ってみたところ、なんと「アバター」って、もう出ていたんですね! 3D映画ということで、映画館で見たいと思いつつも、幼児を抱えた家庭ではそうもいかず、DVDが出たら見ようと...
日記・コラム・つぶやき

今さらながら「ゲド戦記」を観た

今さらの感がありますが、100円レンタルキャンペーン実施中のツ○ヤで借りてきた「ゲド戦記」を見ました。 なにしろ余りにもみた人の評価がひどかったため、とても新作 or 準新作の時期には借りる気が起きず、今になってしまったというわけです。すで...
文化・芸術

スターウォーズ・エピソード3を見た

昨日のことだが、レンタル屋さんからSTAR WARS EPISODEIIIのDVDを借りてきて鑑賞した。もはや説明は不要と思うが、おなじみシリーズの新三部作の完結編である(ストーリー展開上は3作目にあたる)。 本作の中心は、何と言ってもアナキン・スカイウォーカーがいかにしてダース・ベイダーになるのか...
文化・芸術

柿の花

「柿の花」というタイトルのついた、1冊の短歌集が届いた。神学校1年生の頃(2003年度)、奉仕神学生として通っていた、千葉県の流山福音自由教会の、H姉がお作りになったものである。この方は小学校の国語の先生で、バイタリティに溢れ、信仰も熱く、とても印象に残るお方であった。ある日私はこの方の短歌を、十数...
文化・芸術

紅白を見て思ったこと

 あけましておめでとうございます。  今年は見なくてもいいかな~と思っていたのに、結局最初から最後まで見てしまった紅白。全体的な印象は、(1)演歌が多い、(2)頑張ろう!系の選曲、(3)その一方で孤独や寂しさを綴る曲、などそれぞれを少々無理をして継ぎ合わせた、という感じでした。  「2004年はとに...